国際

パンダ貸与で日中が基本合意へ 首相の訪中時、関係改善を象徴

 中国四川省の成都パンダ繁殖育成研究基地で飼育されているジャイアントパンダ=8月(共同)

 【北京共同】安倍晋三首相の25日からの訪中に合わせ、中国から日本への新たなジャイアントパンダ貸与に向けて両国政府が基本合意することが19日、分かった。来年6月を見込む習近平国家主席による就任後初の訪日の際に正式決定を表明する案が中国政府内で浮上している。日中関係筋が明らかにした。日中両政府はパンダを関係改善の象徴としたい考えだ。

 関係筋によると、安倍氏の訪中の際、両国が貸与に関する文書に署名する方向で調整が進められている。

 中国は1972年に日中国交正常化を記念し、東京・上野動物園にカンカンとランランを贈り、日本はパンダブームに沸いた。


(共同通信)