政治

中国の現状変更「認めず」 岩屋氏、防衛交流は推進

 会談を前に握手する岩屋防衛相(左)と中国の魏鳳和国務委員兼国防相=19日、シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】岩屋毅防衛相は19日(日本時間同)、中国の魏鳳和国務委員兼国防相と訪問先のシンガポールで会談し、中国が海洋進出を強める南シナ海に関し「一方的な現状変更の試みは認められない」との考えを伝えた。両国防衛相の正式会談は2015年11月に実施以来、約3年ぶり。双方は、25日からの安倍晋三首相の訪中など関係改善の流れを踏まえ、防衛交流を具体的に進める方針で一致した。

 会談後、岩屋氏は「両国の信頼醸成、相互理解を深め、安倍首相訪中につなげていきたい」と語った。同行筋によると、南シナ海問題に関し、魏氏は「航行の自由は脅かされていない」と述べた。


(共同通信)