経済

NEC、5Gでサムスンと提携 基地局の開発と販売

 NECが、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システム向け基地局の開発、販売で韓国サムスン電子と提携することが21日分かった。製品開発を加速した上で、互いの得意市場を開拓したい両社の思惑が一致した。月内にも基本合意を締結し、協力分野を詰める。

 通信速度が現在の100倍となる5Gサービスは米国では2018年に始まり、日本でも19年に一部で実用化する構想が進んでいる。スマートフォンなど通信端末と電波をやりとりする基地局の整備が今後本格化する。

 サムスンは米国で高い周波帯の5G基地局を既に製品化。NECが低周波帯の開発を担うことなどを想定している。


(共同通信)