スポーツ

六大学野球、法大が勝ち点4に 第7週

 東京六大学野球リーグ第7週第2日は21日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、法大は東大に8―2で快勝し、2連勝で勝ち点4とした。東大は春季リーグに続いて勝利なしに終わった。明大は立大に延長十回、4―3でサヨナラ勝ちし、連勝で勝ち点2として4位が確定した。同1の立大は5位。

 法大は1―0の二回に相馬の2点適時打などで5点を挙げた。明大は十回に森下智の犠飛で勝ち越した。

 第8週の早慶戦で、慶大が勝ち点を5に伸ばせば3季連続優勝が決定。勝ち点3の早大が2勝1敗の場合は勝率で上回る法大が優勝し、2勝0敗の場合は法大と早大で優勝決定戦が行われる。


(共同通信)