スポーツ

ウォズニアッキは黒星発進 女子テニスWTAファイナル

 カロリナ・プリスコバと対戦するキャロライン・ウォズニアッキ=シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】女子テニスの年間成績上位8人、8組によるWTAファイナルは21日、シンガポールで開幕し、シングルスの1次リーグB組で昨年覇者のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)はカロリナ・プリスコバ(チェコ)に2―6、4―6で敗れて黒星発進となった。

 エリナ・スビトリナ(ウクライナ)は2011年大会優勝のペトラ・クビトバ(チェコ)に6―3、6―3で勝った。

 1次リーグは4人ずつ2組に分かれて総当たりで争われ、各組上位2人が準決勝に進む。初出場の大坂なおみ(日清食品)は22日のA組初戦でスローン・スティーブンス(米国)と顔を合わせる。


(共同通信)