経済

「秋田こまち」まずまずの初日 堂島商品取引所のコメ先物

 「秋田こまち」の取引開始を見守る大阪堂島商品取引所の岡本安明理事長=22日午前、大阪市

 秋田県産あきたこまちを対象銘柄とする「秋田こまち」のコメ先物取引が22日、大阪堂島商品取引所で始まった。初日の終値は堂島商取が定めた基準値段を上回り、まずまずの滑り出しとなった。

 終値は来年10月きり(決済期限が来年10月)が60キロで1万4660円など。堂島商取の岡本安明理事長は「初日で市場参加者に様子見ムードがあった。今後の取引量はまだまだ成長の余地がある」と話した。

 生産者にとっては、将来の価格変動に備えたリスク回避や、コメの売り先の確保といった活用法が想定される。

 単一銘柄の上場は、16年の新潟県産コシヒカリ以来。


(共同通信)