芸能・文化

前田敦子さんが初の関西弁 映画「葬式の名人」で主演

 大阪府茨木市は22日、ふるさと納税を活用して製作中の映画「葬式の名人」で、アイドルグループAKB48の元メンバーで俳優の前田敦子さんが主演を務めると発表した。前田さんは千葉県出身で、母親役と関西弁での演技は初めて。撮影はオール茨木市ロケで、エキストラに市民も参加し、8月中旬に撮り終えた。

 映画は市制施行70周年記念行事の一環。同市で育った文豪川端康成の作品群を原案にした現代喜劇。前田さん演じるシングルマザーが、高校時代の同級生の訃報に触れ、久しぶりに集まった仲間たちと体験する「奇想天外なお通夜」を描く。共演は俳優の高良健吾さんら。


(共同通信)