スポーツ

パラ入場料、介助者含め1人分に 桜田五輪相が要望

 桜田義孝五輪相は22日、2020年東京パラリンピックの入場券に関し、「障害がある人が見に行く場合、介助する人と2人分の入場料がかかる。1人分(の料金)で2人が見られるようにできないか」と述べ、大会組織委員会に要望する考えを明らかにした。

 東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)などを視察後、報道陣に語った。組織委は子どもや高齢者、障害者を含む2~10人程度を対象として、低価格な「グループ向け」チケットを用意することを既に決めている。


(共同通信)