政治

立民、衆参で野党第1会派 政権へ対決姿勢

 立憲民主党は22日、衆院に加えて参院でも野党第1会派となった。国会運営を巡る与党との交渉窓口を衆参両院で担う。24日召集の臨時国会で安倍政権への対決姿勢を強め、来年の統一地方選と参院選に弾みをつけたい構えだ。野党第2会派となった国民民主党の存在感低下は避けられそうにない。

 立民の枝野幸男代表は北海道奥尻町で「国民からの期待に内実が伴う状況をつくりたい」と記者団に意気込んだ。

 立民が第1会派となったのは、国民に離党届を提出した長浜博行参院議員(千葉選挙区)が22日に国民会派から退会したためだ。国民会派は23人、立民会派は24人。


(共同通信)