政治

国会、憲法審への自民案提示焦点 首相、外国人材活用を強調

 第197臨時国会で所信表明演説をする安倍首相=24日午後、衆院本会議場

 安倍晋三首相は24日、衆参両院の本会議で所信表明演説に臨み、憲法改正について「憲法審査会に政党が改憲案を示すことで国民の理解を深める」と強調した。今国会で自民党案を提示したい意向で、最大の焦点になる。首相は企業の人手不足に対応するため外国人材活用の必要性を主張。入管難民法改正案を早期に成立させる意向だ。野党は、閣僚の「政治とカネ」問題や障害者雇用水増しなどで政権を追及する構えで、与野党の攻防激化は必至となる。

 首相は演説で、向こう3年間の総裁任期を得たことを踏まえ「激動する世界をリードする日本をつくる。次の3年間、その先頭に立つ」と訴えた。


(共同通信)