政治

沖縄県、国の申し立て却下要求 辺野古移設巡り

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、沖縄県は24日、防衛省沖縄防衛局が申し立てた辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回処分の効力停止を却下するよう求める意見書を、石井啓一国土交通相に送付した。

 県は意見書で、沖縄防衛局が行政不服審査法に基づき「私人」の立場で承認撤回の審査請求と効力停止を求めたことを批判。「行政不服審査制度は私人の個別的な権利の迅速な救済が目的で、国には適格が認められない」と指摘した。

 その上で、撤回から1カ月以上が経過したタイミングで効力停止が申し立てられたとして「緊急の必要性の要件を満たしていない」とも主張した。


(共同通信)