芸能・文化

水俣病の映画にデップさん 写真界巨匠スミス氏演じる

 ジョニー・デップさん(ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】1970年代に水俣病を世界に伝え、今年没後40年を迎えた写真界の巨匠ユージン・スミス氏の生涯を描いた映画「ミナマタ」(原題)で、米人気俳優ジョニー・デップさんが主演のスミス氏役を務めることが決まった。米映画誌ハリウッド・リポーターなどが24日までに伝えた。

 公開日などは不明だが、来年1月以降に日本やセルビアで撮影開始。スミス氏と妻アイリーン・美緒子・スミスさんの写真集「水俣」を基に脚本が作成される。

 スミス氏は70年代に日本に住み込んで水俣病の患者らを取材し、雑誌で作品を発表、水俣病の悲惨さを訴えた。78年に死去した。


(共同通信)