スポーツ

天皇杯、J2山形が川崎破り4強 J1首位が敗退の波乱

 山形―川崎 後半、3点目のゴールを決め、喜ぶ山形・阪野=NDスタ

 サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第7日は24日、NDソフトスタジアム山形などで準々決勝3試合が行われ、J2の山形がJ1で首位に立つ川崎を3―2で破る波乱を起こし、4大会ぶりの準決勝進出を果たした。

 浦和は鳥栖とのJ1勢対決に2―0で快勝し、3大会ぶりのベスト4。仙台は磐田と対戦した。もう1試合の鹿島―甲府は11月21日に開催され、準決勝は12月16日に行われる。


(共同通信)