スポーツ

塚原氏がアンバサダー辞退 パワハラ告発受け職務停止

 【ドーハ共同】国際体操連盟(FIG)は24日、体操の世界選手権(25日開幕・ドーハ)で大会アンバサダーを務める予定だった日本協会副会長の塚原光男氏が協会を通じ、辞退を申し入れたことを明らかにした。塚原氏は女子の宮川紗江(高須クリニック)からパワハラの告発を受け、第三者委員会の調査結果が出て協会の対応が決まるまで職務停止となっている。

 FIGは3月に今大会で塚原氏と元五輪女子金メダリストのスベトラーナ・ボギンスカヤさん(ベラルーシ)をアンバサダーに起用すると発表していた。


(共同通信)