社会

視力回復効果うたう広告に課徴金 ブルーベリー飲料、消費者庁

 消費者庁は25日、健康食品販売会社「言歩木」(千葉県市川市)がブルーベリー飲料を飲めば視力が回復するようにうたった広告を出したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に課徴金1814万円の納付と再発防止を命じた。

 同庁表示対策課によると、言歩木は2016年5月~17年5月、日本農業新聞に計4回出した広告で「山野草醗酵酵素ブルーベリーDX」という商品を「視界爽快」「瞳と体に栄養成分が届き、組織を再生」などと紹介。同課はこれらの表現が「飲めば視力が回復する効果があると思わせる」と判断した。言歩木は取材に「消費者庁の指摘を重く受け止める」と回答した。


(共同通信)