スポーツ

大坂なおみ棄権、1次リーグ敗退 テニス、ベルテンスが4強入り

 キキ・ベルテンスと対戦する大坂なおみ。途中棄権で敗退した=シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】女子テニスの年間成績上位8人、8組によるWTAファイナル第6日は26日、シンガポールで行われ、シングルスの1次リーグA組最終戦で世界ランキング4位の大坂なおみは同9位キキ・ベルテンス(オランダ)と対戦し、第1セットを3―6と落としたところで左太もも裏の痛みのために棄権し、3連敗で敗退となった。ベルテンスは2勝1敗で4強入りが決まった。

 世界2位で1勝1敗のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)と同6位で2連勝のスローン・スティーブンス(米国)も顔を合わせる。

 1次リーグは4人ずつ2組に分かれて総当たりで争われ、各組上位2人が準決勝に進む。


(共同通信)