スポーツ

根尾や吉田らに指名あいさつ ドラフト会議から一夜明け

 中日の与田剛監督(左)から「交渉権確定」のくじを受け取る大阪桐蔭高の根尾昂内野手。奥右は西谷浩一監督=26日、大阪府大東市

 プロ野球のドラフト会議から一夜明けた26日、各球団は入団交渉に向けて動きだした。中日が4球団競合の末に交渉権を得た大阪桐蔭高の根尾昂内野手は大阪府大東市の同校で与田剛監督らから指名あいさつを受け「ドラゴンズを優勝させる。自分の力でチームを底上げするのが一番の自分の使命だと思っている」と語った。

 日本ハムから1位で指名された秋田・金足農高の吉田輝星投手は栗山英樹監督と秋田市内の同校で初めて対面。2020年東京五輪に向け「自分も日の丸を背負いたいと言ってきた。五輪を目指していきたい」と宣言した。


(共同通信)