スポーツ

世界重量挙げ、三宅らが出発 「久しぶり」の国際舞台へ

 世界選手権への出発を前に、取材に応じる三宅宏実=26日、成田空港

 新階級で行われる重量挙げの世界選手権(11月1日開幕・アシガバート=トルクメニスタン)の日本代表が26日、出国前の成田空港で取材に応じ、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪メダリストで女子49キロ級に出場する三宅宏実(いちご)はリオ五輪以来の海外遠征に「久しぶりだなという感じ。トータルで190~193キロが目標」と語った。

 父で女子監督の義行氏は腰の治療のため同行しない。国内外を通じて義行氏不在での試合は初というが「いい経験。その中でどれだけできるか」と前向きに捉えた。


(共同通信)