経済

NY円、一時111円前半 1カ月半ぶり円高水準

 【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、一時1ドル=111円前半をつけた。9月中旬以来約1カ月半ぶりの円高ドル安水準。米株価の大幅反落を受け、投資家がリスク回避姿勢を強め、相対的に安全な通貨とされる円を買い、ドルを売る取引が優勢となった。

 午前10時半現在は前日比70銭円高ドル安の1ドル=111円64~74銭。ユーロは1ユーロ=1・1368~78ドル、126円98銭~127円08銭。

 朝方に発表された米国の7~9月期の国内総生産(GDP)速報値が市場予想を上回ったことで、一時、円売りドル買いが強含む場面もあった。


(共同通信)