経済

米GDP、7~9月期3・5%増 実力大きく上回る高成長続く

 米実質GDPの成長率

 【ワシントン共同】米商務省が26日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値は年率換算で前期比3・5%増だった。個人消費が好調だった。4~6月期の4・2%増から減速したものの、米経済の実力を大きく上回る高成長が続いていることを示した。

 トランプ政権の大型減税が下支えし、年3%以上の成長率目標を2四半期連続で達成した。ただ輸出が減少するなど中国との「貿易戦争」の悪影響が生じつつある。問題の長期化は経済の重しになりかねず、先行きの不透明感は根強い。

 米経済成長率の実力は2%弱とされ、今回の市場予測は3・3%増だった。


(共同通信)