国際

米の銃撃事件、死者11人に ユダヤ人標的の憎悪犯罪

 シナゴーグでの銃撃事件について記者会見するFBIの特別捜査官=27日、ピッツバーグ(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米東部ペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)銃撃事件で、連邦捜査局(FBI)は27日、死者が11人に上り、負傷者は6人で、うち4人が突入した警察官だと発表した。ユダヤ人を標的とした憎悪犯罪(ヘイトクライム)として、現場で拘束したロバート・バウアーズ容疑者(46)を追及している。

 米ユダヤ人団体は「ユダヤ人社会を標的にした米国史上最悪規模の事件」と非難。米国ではオバマ前大統領ら民主党有力者らに宛てた爆発物連続送付事件の容疑者が26日に逮捕されたばかりで、11月6日の中間選挙を前に社会分断の深刻さが改めて露呈した。


(共同通信)