政治

憲法審で4項目議論―自民 国民に機運ない―野党

 自民党の萩生田光一幹事長代行は28日のNHK番組で、自民党がまとめた憲法9条への自衛隊明記など4項目の改憲案に関し「臨時国会の憲法審査会で各党の議論に供してもらう。作業を前に進めていきたい」と意欲を示した。主要野党は「安倍政権になり、国民の機運はどんどん落ちている。議論する環境ではない」(福山哲郎立憲民主党幹事長)などと否定的な見解を示した。

 萩生田氏は、野党側の姿勢を踏まえ「安倍晋三首相が黙ることで憲法審が動くのであれば、そういうことも考えていきたい」と言及。「憲法改正を望む国民の声もある。首相がどうこうではなく、議論はさせてほしい」と呼び掛けた。


(共同通信)