政治

国民民主が改憲の投票法改正案 スポットCM、政党は禁止

 国民民主党が、憲法改正の是非を問う国民投票を巡り、政党のスポットCM禁止を柱とする国民投票法の改正案をまとめた。今国会への提出を目指す。企業や団体が改憲に関する運動に支出できる上限は5億円に規制する。資金力によって国民投票の結果を左右するのを、できる限り避けるのが狙いだ。関係者が28日、明らかにした。

 CM規制導入に慎重な与党が改正案に賛成すれば、国民は憲法9条を含めた改憲論議に応じることも視野に入れる。

 玉木雄一郎代表は同日、長野県佐久市で記者団に「改憲を阻止するためには野党側の戦略も必要だ」と指摘した。


(共同通信)