政治

野党、首相の沈黙「意味なし」 改憲の側近発言で

 野党は28日、安倍晋三首相側近の萩生田光一自民党幹事長代行が憲法改正論議を巡り「安倍晋三首相が黙ることで憲法審査会が動くのであれば、そういうことも考えたい」と発言したことに対し「首相が黙ろうが、黙るまいが意味がない」(玉木雄一郎国民民主党代表)などと反発した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は東京都内で記者団に「幹事長代行としては不穏当な発言だ。首相が立場もわきまえず余計な発言をしている証左でもある」と指摘した。

 玉木氏は長野県佐久市で「やるべきことは、野党はじめ少数意見に耳を傾けることだ」と記者団に強調した。


(共同通信)