社会

住民投票求め署名活動へ、石垣市 陸自の部隊配備で

 沖縄県石垣市での陸上自衛隊の部隊配備計画を巡り、住民有志の市民グループは29日、現行計画の賛否を問う住民投票を実施する条例制定を求めるため、署名集めを始めると明らかにした。防衛省は石垣島中央部に位置する平得大俣地区で本年度内に駐屯地の造成工事に着手する方針を固めており、グループ側は「水源や周辺環境の保全に関する議論や説明が不十分」としている。

 署名集めを始めるのは約30人でつくる「石垣市住民投票を求める会」。地方自治法は、投票実施には有権者の50分の1以上の署名を集め、議会の同意を得て条例を制定するよう定めている。


(共同通信)