くらし

五輪公式商品に伝統工芸品 47CLUB協力

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、全国の新聞社でつくる通販サイト運営会社「47CLUB」と協力し、伝統工芸品を公式ライセンス商品にする取り組みを始めた。東京大会のエンブレムなどを活用した新たなデザインの商品化を目指す。

 対象は、織物や漆器、人形といった国指定の伝統的工芸品、都道府県や自治体が指定した伝統工芸品、日本の技術・文化・伝統を反映した地域特産品のいずれかに該当するもの。商品にエンブレムを入れる必要があり、食品や飲料などは対象外となる。


(共同通信)