スポーツ

医師会、マラソン時刻前倒しを 暑さ対策で五輪組織委に要望

 酷暑が懸念される2020年東京五輪のマラソンについて日本医師会と東京都医師会は29日、大会組織委員会の森喜朗会長を訪れ、現在予定されている午前7時の開始時刻を1時間半前倒しするべきだとする要望書を提出した。7時開始では選手の熱中症のリスクが高いと指摘し、競歩も日よけの設置など暑さ対策の強化を求めた。組織委が明らかにした。

 組織委の佐藤広副事務総長は「医学的な観点からご意見をいただきありがたい」と語り、国際オリンピック委員会(IOC)や国際陸連と情報を共有する考えを示した。


(共同通信)