くらし

新表示「日本ワイン」始動 ルール厳格、国産100%

 グラスに注がれるメルシャンの「日本ワイン」=30日午後、東京都中野区

 国産ブドウを100%使い、国内で製造したものだけを「日本ワイン」とボトルのラベルに表示できる新たなルールが30日、始まった。輸入果汁などを使ったものと厳格に区別し、消費者に分かりやすく表示するとともに、国際的に通用する基準を整備して認知度を高めるのが狙い。

 新基準は国税庁が2015年に策定。これまでは業界の自主ルールしかなく、輸入果汁や輸入ワインを原料に使っても、国内で製造したものは国産ワインとうたって販売されるなど、違いが分かりにくかった。

 違反した場合は、行政指導や事業者名の公表、製造免許の取り消しなどの処分が科される。


(共同通信)