経済

ソニー、2年連続で最高益更新へ 19年3月期、ゲーム好調

 ソニー本社=東京都港区

 ソニーは30日、2019年3月期連結決算の業績見通しを上方修正し、本業のもうけを示す営業利益が前期比18・4%増の8700億円になると発表した。主力のゲームがけん引するほか、音楽事業の買収も寄与し、2年連続で最高益を更新する。従来予想は6700億円だった。一方、不振のスマートフォンは事業規模を大幅縮小する。

 19年3月期の売上高は1・8%増の8兆7千億円、純利益は43・6%増の7050億円と予想した。

 ゲームはソフトウエアの販売が伸び、有料サービス「プレイステーションプラス」の会員数も増やしている。


(共同通信)