政治

辺野古、年内に土砂投入 政府、来月1日にも関連工事

 米軍普天間飛行場の移設先として工事が進められる辺野古沿岸部=8月、沖縄県名護市(小型無人機から)

 政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設を巡り、県による埋め立て承認撤回処分の効力を一時停止するとの石井啓一国土交通相決定を受け、年内に土砂投入に着手する方針を固めた。政府関係者が30日、明らかにした。準備として来月1日にも関連工事に踏み切る方向だ。安倍晋三首相は衆院本会議で、国交相判断の妥当性を強調。県は効力停止を不服として第三者機関に審査を申し出る構えで、法廷闘争に発展する可能性が強まった。

 国交相決定に関し、沖縄県の玉城デニー知事は東京都内で記者団に「9月の県知事選で改めて示された民意を踏みにじるものだ」と非難した。


(共同通信)