経済

独VW、純利益2・7倍 7~9月期、排ガス費減

 【ベルリン共同】欧州自動車最大手、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)が30日発表した2018年7~9月期決算の純利益は、前年同期の2・7倍の26億6700万ユーロ(約3410億円)だった。排ガス規制逃れ問題に関連する支出が大幅に減り、純利益増につながった。

 売上高は0・8%増の552億ユーロだった。

 VWを巡っては排ガス規制逃れ問題に関して、株主や顧客が損害賠償を求めた訴訟の多くが未決着で、将来発生するコストは見通せないままだ。


(共同通信)