政治

河野外相、韓国に適切対応要請 徴用工判決で

 河野太郎外相、韓国の康京和外相

 河野太郎外相は31日午前、韓国の康京和外相と電話会談した。新日鉄住金に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決に関し「日韓間の法的基盤が根本から損なわれたことを日本として重く見ている」と伝達。日本企業が不当な不利益を被ることがないよう適切な対応を要請した。河野氏が電話会談後、外務省で記者団に明らかにした。

 日本政府は、韓国が速やかに措置を講じなければ、国際司法裁判所(ICJ)への提訴を含め、あらゆる選択肢を視野に対処する方針だ。

 電話会談で、河野氏は1965年の日韓請求権協定に反する状況になれば、日韓関係への影響は避けられないとの認識を示した。


(共同通信)