政治

辺野古承認撤回の効力停止 移設工事、11月1日にも再開

 日本記者クラブで話す沖縄県の玉城デニー知事=31日午後、東京・内幸町

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回の効力が31日、一時停止した。石井啓一国土交通相の決定書が同日、工事主体の防衛省沖縄防衛局に到着した。政府は年内の土砂投入に向けて速やかに作業を始め、11月1日にも海上での工事を再開する。政府関係者が明らかにした。

 移設に反対し「対話による解決」を強く求める沖縄県が反発するのは必至。玉城デニー知事の対抗策が注目されている。

 玉城氏は31日、東京都の日本記者クラブで記者会見し「新しく機能を付け加えて辺野古に新基地を造るなどということは絶対に認めない」と述べた。


(共同通信)