芸能・文化

佐藤二朗が「尊敬する人」のまね 吉野家の新CM

 吉野家「牛すき鍋膳」発表会に登場した(左から)若月佑美、太賀、佐藤二朗、池谷のぶえ=31日、東京都内

 俳優の佐藤二朗が東京都内で行われた吉野家「牛すき鍋膳」発表会に登場した。同商品の新CMは名作ドラマ「北の国から」をほうふつとさせる内容。ドラマ主演の田中邦衛を思わせる役を演じた佐藤は「誰なのかは言えないが、非常に尊敬している人のまねができ、楽しいCMになった」と笑顔で話した。

 1日からテレビCMのほか、ウェブで14分を超えるロングバージョンCMを公開。「後半はガチの僕の役者としての反省点を延々しゃべっている。世間に受け入れられるか心配」という佐藤の演技に、息子役の太賀は「台本に書いてないこともあり、笑いをこらえるのに必死だった」と明かし、娘役の若月佑美も「顔を背けないとまずいところが何カ所かあった」とうなずいた。

 壇上では3人と、店員役でCM出演している池谷のぶえが、牛すき鍋膳100食分を懸けて同商品をPRする「食レポ」対決も行った。「地球上で一番食レポが苦手」という佐藤は順番が最後だったにもかかわらず「どこを向いて言えばいいの」とあたふたし、司会者に「落ち着いて」となだめられる羽目に。

 「このボリュームがボリューミー」などと訳の分からないコメントで15秒の制限時間を打ち切られ肩を落としたが、結局全員に100食分ずつがプレゼントされた。


(共同通信)