政治

公明党政調が改正案了承、入管法 外国人労働者受け入れ

 外国人労働者の受け入れを拡大する法改正案を議論する公明党の政調全体会議=31日午後、国会

 公明党は31日の政調全体会議で、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を了承した。自民党は既に総務会で了承しており、両党は今国会での成立に向けた連携を確認。政府は公明党の党内手続きを経た上で11月2日に閣議決定し、国会に提出する方針だ。

 一方、与党内で改正案に対する慎重論が相次いだ経緯もあり、野党は「議論が拙速だ」と反発を強めている。自民党は臨時国会の本会議や委員会での審議に安倍晋三首相が出席することも含めて検討する。


(共同通信)