スポーツ

日大、学長直轄の統括組織新設 アメフット問題で

 アメリカンフットボール部の悪質な反則問題があった日本大は9日、大学本部に運動部活動を所管する「競技スポーツ部」を新設し、学長のガバナンス(組織統治)が直接及ぶようにすることを柱とした改革の取り組みを公表した。大学の付属機関の位置付けだった従来の統括組織「保健体育審議会」は廃止する。組織改編には部活動に対する責任態勢を明確化し、学生や指導者の相談窓口の運営など支援を強化する狙いがある。

 競技の枠を超えて情報交換を図る「監督コーチ会」や、学生による「選手会」を発足させ、指導力や競技力の向上を目指す。部の運営に学生の意見を反映させる仕組みも整える。


(共同通信)