社会

松山商業、野球部長が部員に暴力 膝蹴りや平手打ち、校長謝罪

 記者会見で謝罪する愛媛県立松山商業高の宮部隆彦校長(右)=27日午後、松山市

 高校野球の強豪で春夏合わせて7回の甲子園優勝で知られる愛媛県立松山商業高(松山市)は27日、硬式野球部長を務める男性教諭が、部員に膝蹴りをするなど不適切な指導をしたと発表した。宮部隆彦校長は記者会見で「部員や関係者に多大な迷惑を掛けた。誠に申し訳ない」と謝罪。部長の処分を検討している。

 同校によると、男性教諭は今年4月、部長に就任。8月以降、学校のグラウンドや部室など他の教員の目が届かない場所で、部員30人のうち1年生6人、2年生9人に膝蹴りをしたり、平手打ちしたりするなどの暴力を振るったという。「指導中に部員の態度が悪いと感じた」などと説明している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス