社会

塾講師が過重労働で労災、神奈川 ステップ、48日連続勤務も

 神奈川県内で学習塾を運営する「ステップ」(同県藤沢市)の講師だった男性(41)が適応障害となったのは、1カ月を超える連続勤務など過重労働が原因として、小田原労働基準監督署が労災と認定していたことが27日、分かった。男性や弁護士が東京都内で記者会見して明らかにした。最長48日間の連続勤務があったと話している。

 ステップの担当者は「労災認定の詳細な事実関係を確認しておらず、コメントは差し控える」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス