社会

災害時の避難促進でメディア連携 特性を生かし情報発信

 新聞や放送、情報通信各社と国土交通省などでつくるプロジェクトチームは29日、水害や土砂災害時の情報発信に関する連携構想をまとめた。各メディアの特性を生かし、住民避難につなげる。新聞関連では、台風接近時などにスマートフォンで読み取る2次元コードを掲載、読者をネットで公開されているハザードマップに誘導する方法を検討する。

 構想では、メディア連携や地域コミュニティーの避難促進など6分野で計33の事業を示した。事業ごとに関係組織が技術的課題に取り組むなどして順次、実現を目指す。

 自治体や国交省がSNSで発信を増やし、それをキャスターらが拡散する取り組みも始める。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス