国際

米大統領元顧問弁護士が司法取引 「選挙中もロシア事業」証言

 裁判所を出るトランプ大統領の元顧問弁護士コーエン被告=29日、ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米大統領選のロシア介入疑惑で、トランプ大統領の元顧問弁護士コーエン被告は29日、複合企業トランプ・オーガニゼーションがモスクワで計画した高層ビル建設について米議会に偽証した罪をニューヨークの裁判所で認め、モラー特別検察官と司法取引を交わした。

 大統領選の予備選が始まった後もトランプ氏に事業の報告をしていたと証言し、ロシアのプーチン大統領の側近らと協議していたことも明らかになった。トランプ陣営とロシアの共謀疑惑が深まりそうだ。

 トランプ氏は大統領選中からロシアとのビジネス関係は一切ないと強調してきた。


(共同通信)