政治

連合、2野党と政策協定 参院選共闘「実践あるのみ」

 政策協定を調印し握手する(左から)立憲民主党の枝野代表、連合の神津里季生会長、国民民主党の玉木代表=30日午後、千葉県浦安市

 連合は30日、来年夏の参院選での支援に当たり立憲民主、国民民主両党と政策協定を個別に結んだ。両党とも内容は同じで、持続的で健全な経済成長や社会保障制度の再構築が柱。参院選で「与党を利さないため、野党間の事前調整の必要性の共有」を明記した。連合の神津里季生会長は千葉県浦安市で開かれた調印式で「あとは実践あるのみだ」と共闘を呼び掛けた。

 参院選で連合の組織力を発揮するため、協定をてこに両党の連携を促すのが狙い。だが立民は複数区での候補者調整には応じない構えで、共闘には課題が残る。

 調印式に臨んだ立民の枝野幸男代表は「協定に基づく支援は大変心強い」と強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス