スポーツ

ボクシング五輪存続判断は来年に 調査終了まで準備凍結

 理事会第1日の審議後、記者会見するIOCのアダムス広報部長(右)ら=30日午後、東京都港区

 国際オリンピック委員会(IOC)は30日、東京都内で理事会第1日の審議を行い、統括団体の組織運営に問題を抱えるボクシングの2020年東京五輪での実施可否を、来年6月の総会で最終判断する方針を固めた。マコネル競技部長は「選手を守りたい。東京五輪での実施が目標だ」と述べ、五輪存続を前提とする考えを強調した。

 結論を持ち越した理事会は国際ボクシング協会(AIBA)の財政状況やガバナンス(組織統治)を検証する調査委員会を設置し、来年の理事会で調査報告と提言を受ける。入場券販売のほか、出場枠を争う予選の実施、テスト大会の計画、競技日程の決定を凍結することも決めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス