経済

米加メキシコ、新NAFTA署名批准 難航の可能性も

 【ブエノスアイレス共同】米国とカナダ、メキシコは30日、北米自由貿易協定(NAFTA)を見直し、自動車の関税撤廃基準を厳格化した新協定にブエノスアイレスで署名した。今後は3カ国で批准に向けた議会手続きが進むが、米議会では上下院の多数派が異なる「ねじれ」が生じ、難航する可能性がある。欧米メディアによると、発効は来年後半の見通し。

 新協定の名称は米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)。米議会では中間選挙で下院の過半数を奪った野党民主党内に一部内容の修正を求める声があり、手続きが長期化する恐れもある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス