経済

G20、米中摩擦に自制促す 安倍首相「利益にならず」

 G20首脳会合の会場で、記念写真の撮影を待つ(前列左から)フランスのマクロン大統領、トランプ米大統領、安倍首相=30日、ブエノスアイレス(ロイター=共同)

 【ブエノスアイレス共同】20カ国・地域(G20)首脳会合が11月30日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開幕し、同日午後、初日の討議を終えた。米中の貿易摩擦を巡り、安倍晋三首相は「保護主義や貿易制限的措置の応酬は、どの国の利益にもならない」と自制を促し、各国首脳からもG20として多国間の協調体制を改めて確認すべきだとの意見が相次いだ。

 中国からインフラ投資で多額の融資を受けた途上国の一部が、過剰債務にあえいでいる問題にも議論が及んだ。自国第一主義的な政策は世界経済にとってマイナスだとして、安倍氏は「自由で公正な経済ルールを推進する必要がある」と指摘した。


(共同通信)