くらし

ホルンの音色で鹿寄せ、奈良公園 観光客から歓声「かわいい」

 奈良公園で始まった「鹿寄せ」=1日午前、奈良市

 奈良市の奈良公園で1日、ホルンの音色でシカを呼び寄せる恒例の「鹿寄せ」が始まった。駆け寄ってくる愛らしいシカたちに観光客から「かわいい」と歓声が上がった。9日を除く14日まで。

 シカの保護団体「奈良の鹿愛護会」の男性職員がベートーベンの交響曲「田園」の一節を吹き鳴らすと、公園内の森からシカ約100頭が集まった。用意された約5キロのドングリをもりもりと食べる姿に、観光客らは「元気がいい」と目を細めていた。

 愛護会によると、鹿寄せは明治時代にラッパを吹いてシカを集めたのが始まり。


(共同通信)