芸能・文化

藤井七段、将棋解説者に 落ち着いて大役こなす

 インターネットで放送された第4期叡王戦の本戦の対局を解説する藤井聡太七段。左は貞升南女流初段、右は山崎隆之八段=1日午後、東京都渋谷区の将棋会館(niconico提供)

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は1日、インターネットで放送された第4期叡王戦の本戦トーナメント1回戦、羽生善治竜王(48)―菅井竜也七段(26)戦の解説者を務めた。対局の内容を落ち着いた語り口で適切に説明し、見事に大役をこなした。

 藤井七段は自身の対局以外では初めての解説を経験。先手番が菅井七段に決まると、藤井七段は「中飛車が有力だと思います」と戦型を予想、ぴたりと的中させた。

 先輩棋士との掛け合いで、トークを繰り広げた藤井七段は「対局より緊張した。(羽生竜王に)自分が気が付かない手を指されて、勉強になりました」とコメントした。


(共同通信)