スポーツ

渡部暁斗4位、リーベル2連勝 スキーW杯複合個人第3戦

 前半距離で力走する渡部暁斗=リレハンメル(ロイター=共同)

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は1日、リレハンメルで距離を先に実施するマススタート方式の個人第3戦が行われ、昨季の個人総合王者の渡部暁斗(北野建設)は4位だった。前半距離(10キロ)で25分19秒2の9位となり、後半飛躍(ヒルサイズ=HS98メートル)で94・5メートルを飛んで順位を上げたが、今季初の表彰台には届かなかった。

 W杯でマススタート方式が実施されるのは10季ぶり。ヤールマグヌス・リーベル(ノルウェー)が2連勝で、通算3勝目を挙げた。渡部善斗(北野建設)は13位、山元豪(ダイチ)は23位。


(共同通信)