政治

日韓議連、元徴用工判決に苦慮 「未来志向」見通せず

 講演する日韓議員連盟の額賀福志郎会長=10月1日、ソウル

 超党派の日韓議員連盟(会長・額賀福志郎元財務相)が、韓国人元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じた一連の韓国最高裁判決への対応に苦慮している。韓国側の強硬姿勢に日本国内の反発は増し、議連の取り組みに逆風が吹く。13、14両日に韓国側の韓日議連とソウルで合同総会を開く予定だが、「未来志向の日韓関係」で一致できるかは見通せない。

 韓国側では国会議員による島根県・竹島(韓国名・独島)上陸や、慰安婦を巡る財団の解散決定など、日本にとって厳しい事態が続いた。そこに一連の判決が重なり、河野太郎外相は「日韓関係に桁違いの影響を及ぼす」と、対抗措置の実施もほのめかした。


(共同通信)