スポーツ

J3相模原GK川口、涙の最終戦 「最高の終わり方できた」

 今季最終節を終えた後の引退セレモニーで、名古屋GK楢崎(左)と記念撮影に納まるJ3相模原の元日本代表GK川口=相模原ギオンスタジアム

 サッカー元日本代表で、今季限りで現役を退くJ3相模原のGK川口能活(43)が2日、相模原ギオンスタジアムでの鹿児島との最終節にフル出場し、1―0で勝って有終の美を飾った。クラブ最多1万2612人の観衆が見守り「最高の終わり方ができた。すっきりした気持ちで新しい挑戦ができる」と、ピッチに別れを告げた。今後は指導者を目指す。

 前半20分と後半9分に大きなピンチを迎えたが、いずれも見事な反応で防いだ。最少得点を守り抜いて終えると、大粒の涙を流しながら仲間と抱き合った。

 試合後のセレモニーには日本代表でしのぎを削ったJ1名古屋のGK楢崎正剛(42)も登場した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス