くらし

大絵馬「亥」に掛け替え、和歌山 丹生官省符神社

 世界遺産・丹生官省符神社で来年のえと「亥」に掛け替えられた大絵馬。左は宮崎志郎宮司=2日、和歌山県九度山町

 高野山の麓、和歌山県九度山町の世界遺産・丹生官省符神社で2日、拝殿前にあるえとの大絵馬が「戌」から、来年の「亥」に掛け替えられた。

 大絵馬は幅約3メートル、高さ約2・1メートルの五角形。親イノシシ1匹と子のイノシシ2匹が寄り添う姿を、地元の画家が絵の具で約1カ月かけて描いた。大絵馬の制作は1993年から続いている。

 同神社は約1200年前に弘法大師空海が創建したと伝わり、拝殿前には2匹の犬を連れた祭神・狩場明神と空海の出会いを描いた大絵図も常設されている。

 大絵馬奉納奉告祭を終えた宮崎志郎宮司(70)は「絵のように家族の和が大切」と話した。


(共同通信)